【報告】当面、街頭活動は自粛します

 宮崎県では県独自の「緊急事態宣言」が9日から22日まで発令され、県民に「原則として外出自粛」を要請しています。もちろん、買い物や仕事、健康を維持するための散歩などは例外としていますので、過剰に反応する必要はありません。 

 そのような中、政党、そして特に私自身の政治活動のあり方をどうすべきかこの週末も悩みました。まず、国政挑戦を表明し、その取り組みがこの国の将来に資すると少なくとも私自身は信じての挑戦ですので、私の信条、考え、主張を少しでも多くの方々に理解してもらえるように活動することは大事です。感染拡大のリスクがないように十分に配慮しながら継続します。

 ただ、街頭活動については、マイクを握る演説はもちろん主張を伝える活動ですが、クルマ社会の宮崎では通行する車や自転車に手を振り、アピールする挨拶活動(通称:手振り)もかなりのボリュームを占めています。これらは主に渡辺創や立憲民主党への認知を得ようとする活動です。

 正直なところ、通行人との接点も限られますし、感染拡大のリスクはほぼないと思います。しかし今、県は「原則として外出自粛」を県民に強いています。人との接触の総量を意識的に減らす「空気づくり」を進め、窮地から脱出しようとしているわけです。そのような中で現職県議でもある私自身が県の方向性とは異なる(と受け止められかねない)行動をすることはできないとの結論に至りました。
 状況を見て改めて判断していきますが、22日を一つのターゲットにしながら、当面の間、毎朝・夕などの街頭活動については見合わせます。

 異なるアドバイスも多数いただきましたし、自らの活動を縮小しかねない判断が正しいかは分かりませんが、県政に関わる者として「県が県民に要請している」という事態を重く受け止めようと思います。今回の県判断が正しいかどうかは別の問題なので、きちんと状況を見据え、今後執行部ときちんと議論していこうと思います。

 この状況の中で、まずは県民生活の実態を踏まえ、県議としてやるべきことに力を注ぎ、そのうえで次のステージに向けた活動も工夫を凝らしながら歩みを確かなものにして参ります。どうかご理解賜りますようお願い致します。
【渡辺創】

【雑感】私の成人の日・・・

 県議に当選したのは2011年の春ですので、翌2012年から9回の成人式に出席してきたことになります。宮崎市では、かつての市全体での成人式を見直し、中学校区(地域自治区)ごとの成人式になっています。いつから変わったのか正確なことを記せませんが、2011年の時点では既に定着していました。
 会場には保護者?(もう成人だから保護者はおかしいか。家族)も多数訪れ、顔なじみの地域の面々で地元の若者たちを祝ってあげる成人式は「○○君、立派になったね!」「○○さん、すっかりお姉ちゃんになって~」との声が飛び交い、地域の温かさを感じるなかなかいいものです。もちろん付属中や私立中に通った新成人が参加しづらいなどいくつかの課題があることは承知しています。

 さて、今年の成人式は、宮崎市の場合、昨年末の段階で既に中止が決定していました。楽しみにしていた新成人や家族にとっては実に残念なことだったと思います。どこに価値を見出すかは人それぞれですから、周りが成人式の価値をあれこれ評価する必要はありませんが、それを節目として大切に思った人たちや、晴れ着を着て友達と会いたかったと思った人たちが、自らでは抗いようのない形で、その機会を失ったことに社会として寄り添う気持ちを持つことは大事だと私は思います。
 もちろん、新型コロナの感染拡大のリスクを人生の門出に背負わせるわけにはいかないとの心配は至極当然ですし、判断も妥当だったと思います。判断を強いられた関係者の皆さんの心痛は如何ばかりだったか同情するところもあります。ただ宮崎県が県独自の緊急事態宣言を出す頃から県内では、政治に携わる側の振る舞いが、そういう気持ちの人たちの感情を逆なでするようなことが続いてしまったのは残念としか言いようがありません。

 さて、遡ること23年前。私も新成人でした(当時は成人の日は15日)。ただ、成人式には出席していません。宮崎から遠く離れた新潟大学法学部に在籍していた私は、直前まで親の仕送りに頼って冬休みで宮崎に帰省していたのに、またすぐに往復の帰省費用を言い出す気にはなれず、成人式には興味がない(風な?)素振りを貫いていました。
 でも、周りは新潟や隣県出身の友人が多く、相手もしてもらえないので、本当はちょっと寂しかったのかもしれません。そんな私の気持ちを見抜いて不憫に思ったのか、それとも親がこっそり頼んでくれたのか。東京の叔父叔母夫婦が「東京に遊びにおいで」と誘ってくれ、私は夜行バスで東京へ。その年(1998年)の成人の日、東京は記録的な大雪でしたが、私は叔父叔母、そしてテレビ局に勤める叔母の友人からホームパーティーで温かく成人を祝ってもらい、寂しい思いをせずに済みました。人の温かさに触れ、20年歩んで来れたことを感謝できる気持ちで成人の日を過ごせたことは本当によかったと今でも思っています。

 さて、おまけ。その成人の日。私は雪の東京で何をしていたか。その答えは、夜中に降り積もった雪は朝には止み、青空が広がった東京で、私は一人国会見学に出かけました。別に政治家になろうと意識したわけではありませんが、「絶対に忘れないことをしよう!」と考えた結果が、なぜか初めての国会見学でした(^^;。その後は、叔父に誘われ、なぜか人生で初めての大相撲観戦へ。やはり、成人の日にしたことは、その後の人生に結びつくのだな・・・と自らの体型を見つめながら思う、43歳の成人の日です。
【渡辺創】
 

【報告】原口代議士との対談LIVE

 同じ九州・佐賀1区選出の原口一博代議士からお誘いいただき、8日金曜日にYouTube「原口一博」チャンネルの対談に出演?しました。ZOOMの機能を使ったネット対談です。原口代議士が各地の新人や元職の存在をアピールしようと取り組んでいるもので、早い段階でお声がけ戴いたのは光栄です。

 お誘いから実現までに中一日。しかも本当は即日でも!というお誘いでしたが、こちらの活動の都合で一日戴いたような次第で、さすが、優秀なベテランはスピード感から違うなと恐縮やら感心やらとにかくいい刺激でした。打ち合わせも事前の調整もなく、本当のぶっつけ本番(^^;。原口代議士がこちらの話を引き出そうとしてくれるので、安心していろんな話をすることができました。

 後ろの予定も詰まってらっしゃったはずなのに、予定の30分を延長してくださり、こちらは恐縮するばかりでした。実に有意義でワクワクする取り組みだったので、これをヒントに私も新しいことに取り組むつもりです。その詳細はまた改めて。

 内容については、あれこれ説明・解説するよりもご覧いただけるのが一番だと思いますので、画面↓の方をクリックいただき、ご覧ください。

https://youtu.be/ry5qg6VyjC8

【渡辺創】

【雑感】街頭活動の新年始動!

 新年の街頭活動スタートは3日から。上沖篤史宮崎市議と渡辺事務所スタッフが協力して山崎街道イオン前での「4時間耐久あいさつ運動」を企画したので、私も参加しました。

 イオン前は、政治活動を始めた11年前から定番の場所。今も週朝2回、夕1回はルーティンとなっている場所ですが、今日はお昼を挟むように午前10時から午後2時までの4時間の挑戦。数えてみると、15分で片側約300台の車が通過しましたので、1時間1200台。×4時間で4800台、対抗車線も同じ通行量と仮定すれば合計で1万台近い通行量ということになります。
 ほぼ通行車両が対象ですので、マイクは握らず、幟を持ってのいわゆる「手振り」です。都会で政治活動する方々には、イメージが湧かないかもしれませんが、地方都市ではこれも定番の一つ。ちなみに宮崎では、鉄道網は都市間輸送が中心で、宮崎1区内から宮崎1区内に鉄道で通勤する人はあまりいないため、「駅頭」というのはほとんど成り立ちません。

 さて、この街頭活動について、時折「恥ずかしくないんですか?」とあまりにも率直な質問を戴くことがあります。数年前は県議会が実施した出前講座「こんにちは県議会」で、勢いよく手を挙げた高校生に、思い切り直球を投げ込まれ、たじろいだことがありました(苦笑)。

 正直なところ、慣れはありますが、恥ずかしくなくはありません。今でも。

 おそらく私は街頭活動量がかなり多いタイプの政治家だと思いますが、私自身、政治活動を始める前、新聞記者の時代は「何の意味があるのだろう」と思っていましたし、当初はその効果に懐疑的でした。加えて、恥ずかしさが疑問符を抱えた思いを後押しして、後向きな気分だった時期もなくはありませんでした。
 ただし、ここが不思議なのですが、「効果がわからないなら、きちんと自分の中で答えが出せるまでは頑張ってみるべきだ」と一貫して考えてきたので、懐疑的であっても手を抜いたことはありません。

 政治活動はまだ道半ばですが、実はこの件の結論は出ています。

 効果はあります。

 これまで自分自身が候補者となったのは、2010参院選、2011、2015、2019県議選。そして今は2021年に間違いなく行われる衆院選に向けて挑戦の準備をしている立場です。この間、国政選挙、統一地方選の責任者を務める機会もありました。少しは選挙の経験を積んできたと言えるかもしれません。 
 政治家は、選挙に通らなければなりません。もちろん、そのためには自身(候補者・候補予定者)の主張に耳を傾けてもらわなければならないわけですが、なかなか一足飛びにそこまでのチャンスを得られることは少ないというのが現実。その前に「〇〇が選挙に挑戦するらしい」「今度の選挙に挑戦するのは○○という人らしい」という段階をクリアしなければならないわけです。特にこの傾向は大きい選挙ほど強くなります。

 平たく言えば、「立憲民主党の渡辺創はいい主張をしているね」(支持)となる前には、「次期衆院選宮崎1区には野党側から立憲の渡辺創というのが挑戦するらしいね」(認知)という段階を踏まなければ話は前に進まないわけです。この「認知」→「支持」に移行するためにも、まずは「認知」されなければならないわけで、街頭活動も街中に貼っているポスターもそのためというわけです。

 自分には成し遂げたいことがあって、新たな挑戦を決意しました。そのためであれば、多少恥ずかしかろうが、そんなことは乗り切れる(乗り切ろう!と自らを鼓舞している)というのが「リアル」。

 もう一つは、自分の気持ちを鍛える場所としての役割です。街頭に立ったり、マイクを握っているとそう頻繁というわけではありませんが、罵声を浴びせられたり、中指を立てて通って行かれたりすることもないわけではありません。
 人間ですから、カッと頭に血が上ることもありますし、心がグラグラと揺らぐこともありますが、そういう時は深呼吸を繰り返して我慢我慢・・・、落ち着きを取り戻そうと努力します。
 「きっと政治はこの人の信頼を大きく裏切ってきたんだ」「この人には我慢ならないことがあるんだ」「自分と違う考え方の人がいて当然なのだから、こういう反応もあって然るべしなんだ」・・・・・。
 そういう現実を背負うのが、政治と向き合おうとすることなんだと、自分に言い聞かせる鍛錬の場でもありますね。

 今日の4時間では、たくさんの方々が好意的な反応を送ってくれました。車を止めて激励に駆けつけてくださった方も、わざわざ飲み物の差し入れを届けてくださった親子もいらっしゃいました。みなさんの声援が大きなエネルギーになった4時間でした。ありがとうございました。

 さあ、今年も何があってもめげずに、街頭活動に勤しみます。
【渡辺創】

ようこそ、2021年!

 あけましておめでとうございます。2021年、宮崎では快晴の空に日向灘の大海原から初日が昇りました。一ッ葉の海岸から静かに初日の出を待ちましたが、水平線近くだけに立ち込めた雲の隙間からゆっくりと現れる様子は、新型コロナという困難に立ち向かい、艱難辛苦を克服しようとしている社会の姿と重なるようにも感じられました。少々大げさかもしれませんが・・・。

 政治活動を始めて11回目の年末年始でした。これまでであれば、恒例となった年越行事や、お声がけ戴いた年明行事に参加する慌しい時間を過ごしていましたが、政府や県の呼びかけや状況を踏まえ、今年は参加を見合わせ、静かな時間を過ごしました。

 次期衆院選を控え、大きな節目となる一年。例年とは異なる少し異なる環境の中で、静かに自らの歩みや見つめなおすべきことを考える時間を持つことができた気もしています。

 今年果たすべきことは「当たり前」と「まっとうな」を取り戻すこと。

 新型コロナに直面した2020年は、当たり前がいかに代えがたいものであったかを実感した一年でした。人が営みを続けていくうえでの小さな幸せを守り、安心して暮らしていく社会をどうやって再構築していくか。「明日はきっといい日になる」ともう一度実感できる社会のシステムを築いていくために全力を注ぎます。

 もう一つは、みんなが納得できる「まっとうな」政治を取り戻すこと。新年からいろいろ言いたくないので、省略しますが、ここ数年の政治がいかに偏り、そのまなざしを国民全体に向けないものであったかは言うまでもありません。それが象徴的に表れたのが2020年であった気がしています。納得と安心を築く政治のために宮崎から風穴を開けていく覚悟です。

 じっくりものを考え、でも迅速に行動し、確実な歩みを築いていける。そんな一年にすべく邁進して参ります。今年もよろしくお願い致します。
【渡辺創】