2020.08.07【動画】持続化給付金の欠陥。27,600円の足かせ

 新しい動画を配信しました。そうだニュース!第7回。今回から新たなに始めた企画「現場から。」では、暮らしの中で地域で抱える様々な課題を丁寧に見つめていこうと思っています。しばらくの間は新型コロナを巡る状況を端緒にレポートを続けようと思っています。

 第1回は、フリーのバスガイドさんが直面した、フリーランス向け「持続化給付金」の理念と制度の矛盾。わずか27,600円だけの事業収入が足かせとなり、申請が受け付けられない・・・。3月以降、全く仕事がないという苦境の中でなぜこんな目に合うのだろうかと当事者からはため息が漏れます。

 仕方がないとあきらめる話ではない。

 ぜひ国に制度改善を求めたいと思います。私はまだその立場にありませんが、ぜひ国会議員の方々力を貸してください。

 まずはご覧ください。

【渡辺創】

2020.08.04【動画】新型コロナ、200人のラインが目の前に

 新型コロナの宮崎県内における感染確認は8月3日時点で195人になりました。7月22日以降、連日の感染確認が止まりません。半月前には全く想像していなかった200人というラインが目の前に迫る状況です。

 そのような中、前回の「動画ミニ」に続き、新型コロナを巡る状況について現状への認識をまとめました。今回も18分超の動画ミニとは言いづらい長さですが、お時間がありましたら、ぜひご覧ください。

【渡辺創】

2020.08.01【動画】新型コロナ一昨日の所感動画

 8月に入りました。昨晩は仕事を残したまま寝入ってしまったので、早起きして積み残しの仕事に取り組んだところです。宿題に追われる子供のようです(笑)

 朝6時を過ぎるともうセミが鳴き始めています。「夏本番だな」としみじみと朝の庭を眺めますが、新型コロナに多くの県民が動揺し、戸惑いを抱えるいつもと違う夏・・・。県は一昨日夜、接待を伴う飲食店の休業要請や、その他飲食店にも午後8時までの短縮営業(種類提供は午後7時まで)を求めました。活動をしていても昨日も様々な反応を受け止めたところです。

 本当はアップした時に掲載しようと思っていたのですが、いろんな仕事に追われて遅くなってしまいました。県要請が出る前にYouTubeチャンネルに投稿した新型コロナウイルスに関する所感です。お時間がありましたら、ご覧ください。

【渡辺創】

2020.07.25【日記】第2波と受け止めて

 新型コロナウイルスの感染確認が続いている。宮崎県は24日、21:00の記者会見で3人、さらに深夜の会見で6人を発表した。一日で計9人が新規に確認された形だ。西都・児湯医療圏と宮崎・東諸医療圏に集中している。

 宮崎県では、いわゆる第1波期に17人(ほぼすべてが県外由来+家族)。その後、中間期に3人(これも県外由来+家族)。そして仮に22日からの状況を「第2波」とすれば、3人→4人→9人の計16人。つまり第1波と同水準にわずか3日でたどり着いた。ただ第1波が極めて低位だったため、この比較にそれほどの意味があるかはわからない。しかし県民への心理的圧迫が急激に高まっていることは間違いない。

 昨日のブログにも示したが、残念ながら「局面転換」を迎えたと言わざるを得ない。そのことは昨日夕方会見した河野知事が「事実上の第2波に入ったとの緊張感で臨む」としたことからも明らかだ。

 私たちは今、いくつかの「宮崎では初めての事態」に直面している。
①1日の感染確認が最多(24日に9人)
②感染ルートが不明のケース
③クラスターが疑われるケース
④接待を伴う飲食店が原因と疑われるケース
⑤県内における複数ルートの同時発生
⑥最高齢の感染者
などが挙げられる。

 さらに現状を受けて、今後想定される事態は・・・
〇感染拡大によって行政が担う状況・行動追跡作業の負担増
〇濃厚接触者・接触者急増(飲食店利用者や学校関係など)によるPCR検査対応能力の逼迫
〇医療機関の負担増に加え、まだ受け入れ実績のない軽症者収容施設の運用開始
〇県民の警戒感の高まりによる経済活動の低迷
などが想像される。

 これまでも自粛による経済活動の低迷には県民全体で耐え忍び、医療関係者をはじめエッセンシャルワーカーの皆様には本当に大きな負担を背負って頂いた。ただ一方で幸いなことに、宮崎では「感染の急拡大」という局面は経験せずに来た。

 今回の事態に行政も県民もある種の動揺を抱えている。新しいフェイズに突入したことは間違いない。けれども多くの都道府県が経験していることだ。先例はたくさんある。冷静に、一つ一つ丁寧に対処することで危機を乗り越えていきたい。

 言い方に課題があるかもしれないが、これまで議論してきた「コロナとともに」という状況に本当の意味で宮崎も入り始めているのかもしれない。新型コロナが一定割合で存在する社会の中で、ある程度の社会生活を維持し、息苦し過ぎない生き方をどう確立していくのかが問われているような気がする。ただ、まだ宮崎では「感染拡大状況を抑える」という経験値が圧倒的に足りていないことも事実。まずはその対処に全力を挙げるべきだというのが現時点での正答だと思う。

 同時に、昨日も書いたが、宮崎における「第2波」はいずれも感染者の社会的存在感が具体的にイメージできる形で情報発信が行われている。感染拡大防止のためやむを得ないことだが、当時者や家族、関係者の精神的負担は実に重たいはずだ。

 この段階になれば誰でも感染するリスクを持っている。自分、家族、友人、同僚、誰が感染してもおかしくない。社会生活を営む以上どんなに努力をしても完全な予防はあり得ないわけだ。この意味を冷静に考えよう。みんなが愛する宮崎県において、新型コロナによる県民の分断を生んではいけない。行政や我々議会関係者も「感染拡大防止」、「経済活動の維持」と同レベルに重要な問題に位置付けて臨むくらいの覚悟がいると強く感じている。

 最後に、昨日夕刻、知事が会見を開き、改めて県民に警戒を呼び掛け、上述したように「事実上の第2波に入ったという緊張感で臨む」と表明した。さらに追加で6名の感染確認を公表した深夜の会見にも臨んでいる。昨日のブログに込めた思いが届いたかを伺い知ることはできないが、望ましい判断だったと思う。今はしっかり知事がメッセージを発すべき時である。もし感染拡大が続けば、知事は厳しい質問や問いかけに晒されることもあるかもしれない。それでも先頭に立つ姿を貫いてほしい。県民はその姿に信頼を寄せるのだと思う。

 自治体議会は、現状のような緊急対応に直接的に関与することには限りがあるが、まずは情報収集に努め、執行部の視野が狭まりそうになる時には、県民の思いを背負っているからこそ何らか役に立てることがないかを考えていきたい。

 今日は県の対策本部会議を受け、県議会でも急遽、代表者による会議が開催される予定になっている。

【渡辺創】

2020.07.24【日記】知事という政治機能

 県内で新たに4人の新型コロナウイルス感染が確認された(7月23日)。22日の3人に続き、県内の感染者数はトータル27人になった。この2日間で7人の増加だ。東京とスケールは異なるが、県民の動揺は大きい。

 まずは感染が確認された方々が重篤化せず、一日も早く社会生活に復帰できることを祈りたい。合わせて、個別の案件に触れることは避けるが、いずれもこれまでのケースより、感染者の「具体的な存在感」や「社会生活のイメージ」が描きやすい形で情報発信される結果になっている。当事者や関係者の精神的負担も計り知れない。必要以上の詮索や流言飛語には注意を払い、誰が当事者になるかわからないことだからこそ、成熟した社会の包容力が試されていると強く感じる。

 そんな状況の中で、首を傾げたくなることがある。昨日(23日)の感染確認を受け、夜間に県も宮崎市も記者会見した。順番に言えば、概ね宮崎市20:00、県21:30開始だ。残念ながら、両会見とも、そこにトップの姿はなかった。ここから私の考えを述べたいが、自らが県議であることを踏まえ、あえて県の姿勢に限って言及するが、事の本質は宮崎市も同じだと思う。

 まず、今の全国的な現状を整理しよう。

〇23日に確認された感染者は全国で981人で二日続けて過去最高を更新中。東京都は366人でこれまでの最高値を大きく上回った。首都圏や大阪、福岡もハイペースが続いている。

〇感染者数の推移を見て国民の大半が「第2波」と思っているのに、政府だけがその状況を認めず、大きな国民移動を促しかねないGOTOキャンペーンを巡る大混乱の中、4連休がスタートした。

 次に宮崎県の現状。

〇医療関係者や県民の努力により、第1波では感染者が低位で推移してきたが、裏返すと感染確認が相次ぐ状態に慣れていない。そんな中で「第2波」とみられる段階で10人の感染確認が続いている。

〇今回確認された感染には、これまで主流だった「県外・海外由来」と断定できないものがあり、さらに家族間でなく、県内における飲食や社会生活で広がったと思われるものがある。

〇感染経路が推定できない「市中感染」を疑わざるを得ないケースがある。

〇濃厚接触者とまで言えなくても、大量の接触者が予想され、かつ「濃厚接触者ではない」接触者から感染が確認されたケースがある。

となる。

 結論から述べれば、昨日の会見には河野知事が出てくるべきだった。なぜなら、大きな局面転換を迎えている可能性が極めて高かったからだ。これまでの新型コロナを巡る記者会見を振り返ると、知事が発表するケースも散見される。この場合は「部長」、この場合は「知事」というような住み分けが明確になされているようには受け止められない。

 仮に住み分けがあったとしても、そのラインを越えてでも昨日の会見は知事が出てくるべきだった。もちろん詳細について知事が答える必要はない。そこは担当部長レベルで十分だが、今の県民の動揺を踏まえて「冷静な行動」と「十分な警戒」を強調するために政治的メッセージを自ら発するのが知事の存在意義のはずだ。

 特に知事は、つい数日前まで国のGOTOキャンペーンに賛意を示し続け、議会からも多くの県民からも「空気が読めない」と冷ややかな目を向けられた。さらに言えば、知事は新型コロナを巡って「県民の心情が掴めていない」との評価が半ば固定化されつつある「深刻な状態」に立っている。と私は感じている。

 観光業の厳しい状況を見れば、大規模な支援策が必要なことは多くの県民が理解している。しかし「このまま突っ走ったら、恐ろしいことになるのではないか」とみんなが危惧している。この空気感を代弁するのも知事の役割であったはずだ。全校一斉休校の際にも、緊急事態宣言入りの際にも、一貫して、この「県民の気持ちを代弁する」という知事が体現すべき「一つの政治機能」を全く果たせずにいる。

 知事は新型コロナ対策の先頭に立つのではなかったのか。

 そして時に私たち県民の思いを代弁し、時に県民に安心や勇気を与え、みんなが共生する社会を築くために先頭を歩くトップではなかったのか。

 蝉の声が聞こえ始めた6時に目が覚め、新聞を開いて知事動静を確認すると、昨晩知事は知事公舎にいらっしゃったようだ。「情報収集や職員への指示」にあたっていたとある。

 経験はないが、トップの孤独と苦悩は想像に難くない。新型コロナ対策で悩みも、いら立ちも、焦りもあったことだろう。

 ただ、昨晩果たすべきだった役割は、情報収集と指示ではなく、自らが表に出て県民に直接語り掛けることだったはずだ。地元民放のユーチューブでの会見中継は視聴者数が続々と増え、5000人を超えていた。

 これまでも知事とリーダーのあり方について、議会などで議論を交わしてきた。私は知事の人柄、良質なリベラルの気質を兼ね備えた姿勢などを基本的に高く評価している。

 だからこそ、言いたくはないが、「残念でたまらない」。
【渡辺創】

 

2020.07.19【動画】合流問題を巡るZOOM全国会議に参加

 

 つい忙しい毎日に追われて、ブログの記事が抜け落ちてしまっています。最近はtwitterやFB、YouTubeが中心となってしまっていて・・と言い訳ですね(^-^;。気を引き締めます。

 さて、立憲民主党と国民民主党の統合問題を受けて17日に開かれた全国幹事長会議・総支部長会議にZOOMで参加しました。その思いを今言葉にできる範囲で動画にしました。私は現状、「県連代表」(地方組織)、「宮崎1区総支部長」(国政候補予定者)、「党自治体議員ネットワーク幹事長」(全国自治体議員団役員)という3つの立場を兼ねている状況です。

 再度。できるだけの所を言葉にしました。期待を寄せ、思いを共有していただいている皆さんに心配や戸惑いを与えていること、大変心苦しく思っています。

 動画は7月18日に撮影・アップしたものです。
【渡辺創】

2020.0627【お知らせ】6月議会一般質問の動画です

 17日にあった6月定例県議会一般質問の様子です。議会事務局からデータを提供してもらって、YouTubeチャンネルで公開しました。初めての試みです。

 少しでも多くの方に興味を持ってもらえるきっかけづくりになればと思っています。知事の政治姿勢、広報戦略に関するあたりは比較的充実した議論になっていると思っています。教育に関するテーマでは初出の答弁が続きます。

 お時間のある時にぜひご覧ください。
【渡辺創】

2020.06.07【お知らせ】定額給付金のなぞ

 新型コロナで大きな影響を受けている国民生活を守ろうと国民全員への10万円給付が決まった定額給付金制度。宮崎市では「なぜ申請書類がなかなか届かないの?」との声が相次いでいました。
 その声に応えてみようと調べてみた結果をまとめたのが張り付けてある動画ニュースです。ちょっとバタバタして、ブログでの告知が遅れてしまいました。通常の配信より多くの方々にご覧いただけているようで、アナログでの反応も頂いています。
 給付金の申請方法の説明などにも触れているので、お時間がありましたら、ぜひご覧ください。
【渡辺創】

2020.05.31【お知らせ】ミニ動画の配信を行っています

 動画ニュースミニの配信を始めました。このブログに掲載したものが3回目の分です。ユーチューブの「渡辺創事務所」(https://www.youtube.com/channel/UCzBUvwLYvnKPRI3-glTI7Fg)を検索いただくと、そちらですべてご覧いただけます。フェイスブックでも可能です。
 長いバージョンの「そうだ!ニュース」を半月ごと。「動画ミニ」は日々の雑感や思いをデイリーとはいかなくとも、2、3日に一度配信できればなと思っています。
 あまり肩ひじ張らず、等身大の思いを残していければと考えています。
【渡辺創】

2020.05.23【お知らせ】動画News第3回

 

 うっかりブログでの告知を忘れていました。動画ニュース第3回を配信しています。
 今回のテーマは、休校で「オンライン授業」などに関心が高まったことを受けて、教育現場におけるICT活用の現状と課題をレポートしました。宮崎県内におけるトップランナーである西米良村でも取材しています。
 お時間がある時にご覧いただければ幸いです。
【渡辺創】