母校にて・・

23313 新しい一年が始まり、あっという間に2週間が過ぎようとしています。時間の流れが本当に早いと感じる毎日。3月末には3期目を目指す予定の選挙が始まるので、慌ただしさにもより拍車がかかりそうですね。

 そんな中、1月11日に地元であり、母校の宮崎市東大宮中学校で教壇に立つ機会を得ました。

 教員免許もないのに何を教えるのか。もちろん普通の教科ではありません。「なるには教室」というキャリア教育の一環で、対象は1年生。私に加え弁護士さんや歯科医師さんなど8人がそれぞれ授業を受け持ちました。

23321-1 私に与えられたのは50分の授業2コマ。ほぼ同じ内容の話を2グループにする形で、それぞれ私の授業を選んでくれた20~25人ほどの生徒さんが話を聞いてくれました。「県議会議員の仕事について」ということでしたので、中学生にもわかるように地方自治の仕組みを解説しながら、身近に感じてもらえるように教育委員会と学校の関係、もし予算が通らなかったら学校がどうなるのかというような話もしてみました。子供たちからも「クーラー整備はどうなるのか」「先生がいつも予算がない、予算がないと言うがどんな意味なのか」など鋭かったり、ユニークだったり、たくさんの質問も頂き、なかなか有意義な時間になりました。意識して生徒さんとともに考える時間にしたかったのですが、まあ何とか及第点というところだったでしょうか(^-^;。

 さて、驚いたのは受け持った教室が、偶然にも私が中学1年時の自分の教室だったこと。まあ、なんと運命的というか、いろんなことを思い出しながら、感慨深い気持ちになりました。実は私、大学1年まで「金八先生」の再放送を観ながら「中学の先生になろうかな」と結構真面目にも考えていたので、こんな形で夢叶うとは・・。しかも母校で。

 最後に笑い話。実はうちの長女も同中学の1年生。多感な時期なので「嫌がったら控えよう」と学校から打診があった時に内心恐る恐る聞いてみたのですが、「別にいいよ」とのこと。ただ、さすがに僕の授業は受講していませんでした(涙)。まあ、当たり前ですかね。ただ「友達がお父さんの授業、面白かったって言ってたよ」とご機嫌は悪くなかったので、父親としてはホッと胸をなでおろしたところでした。

【渡辺創】

 

県連街宣車ができました

22512-1 久しぶりの投稿です。宮崎県連合の立ち上げから間もなく11か月を迎えます。ゼロからのスタートでしたので、事務所を構え、スタッフを集め、ポスターを作り、集会を開き・・と地道に政党活動の基盤づくりに取り組んできた一年でした。仲間となり、ともに歩んでくださった方々に本当に感謝するところです。

 さて、そんな年の締めくくりにうれしい出来事がありました。念願だった県連の街宣車が12月29日に納車されました。年内は工期が厳しく、年明けになるだろうとの見通しでしたので、思わぬサプライズ、数日遅れのクリスマスプレゼントといった感じでした。

 歩みだして1年未満の政党地方組織にとって、街宣車の配備は正直なところ財政的にも相当厳しく、政党活動を次のステップに進めるためには必須なんだけれども・・と頭を悩ましながら、慎重に検討に検討を重ねて、思い切って決めました。

 県内を見渡しても、もっと立派な街宣車もたくさんあるでしょうが、私たちにとっては「思いの詰まった特別な街宣車」です。ちなみにナンバーは、結党日(2017年10月3日)の思いを忘れないように「1003」としました。

 街宣車配備に尽力頂いた自動車販売会社の方々、音響や看板の工事を行っていただいた方々、年末に無理を言った保険代理店の方々、そして担当として頑張った県連スタッフ、関わっていただいた皆さんに心から感謝しながら新年を迎えたいと思います。

【渡辺創】

秋の夕べ、盛況でした

秋の夕べ1-1秋の夕べ3-1 秋の夕べ6 秋の夕べ5 秋の夕べ4 秋の夕べ2 10月12日(金曜日)に宮崎市のガーデンテラス宮崎ホテル&リゾートで開催した「渡辺創後援会・秋の夕べ2018」。大変多くの皆様にご参加を頂きました。心から感謝申し上げます。

 来年春の改選期に向けて応援いただいている皆さんとしっかりと心を合わせることができたような気がしています。

 今回はその様子を写真でご紹介。

 今後は各地区での集会等を積極的に企画して参ります。

 それ以外にも県政報告の機会がありましたら、駆け付けますので、ぜひお気軽にお声掛け下さい。

【渡辺創】

10月12日に後援会「秋の夕べ」

告知用写真 今日はお読みいただいている皆様にお知らせです。

 表題の通り、10月12日(金曜日)午後6時半から宮崎市の「ガーデンテラス宮崎ホテル&リゾート」(宮崎市下原町247-18)で後援会主催の「秋の夕べ2018」を開催します。会費は5500円。

 これまで後援会の集いは、基本的に会費を必要としない「講演会」形式のものを続けてきました。そこには、私の県政報告は負担をかけずにできるだけ多くの方に聞いてもらえるものにしたいという思いがあったからです。もちろん、その思いは変わりませんので、これまでのような形式の報告会も継続しますが、いろんなご意見もあり、今回はこのような試みを企画しました。

 5500円もの会費を戴くのは大変心苦しい思いですが、今回の集いは、政治資金規正法の対象となる、いわゆる「資金集め」のものではありません。全額が会場に支払われる飲食代になります。ビュッフェ形式で着席での会合となりますので、十分に食事等も楽しんでいただける予定です。

 新しい試みをご理解いただき、奮ってご参加いただければ幸いです。お問い合わせは、渡辺創事務所0985-29-4050までお願いします。

【渡辺創】

9月議会は12日に代表質問登壇です!

 

代表質問告知P 6日に開会した宮崎県議会9月定例議会。7日に会派代表質問の通告を行い、12日(水曜日)午前10時からの登壇が確定しました。
 持ち時間は、片道(質問者側が話すことができる時間)50分ですので、答弁を含めて2時間弱になります。お時間がありましたら、ぜひ議会傍聴にお越しください。

 通告内容を記載しておきます。
<代表質問通告内容>
〇知事の政治姿勢について
〇旧優生保護法について
〇公文書管理のあり方について
〇障がい者雇用について
〇性的少数者への理解促進について
〇体育施設整備について
〇南部九州高校総体の準備状況について
〇「重た過ぎるランドセル問題」について
〇交通ネットワークに関わる諸課題について
  (太田議員の関連質問有)
〇BFA U18アジア選手権について
〇土呂久公害の教訓を将来へ引き継ぐ事業について
〇世界農業遺産・日本農業遺産について
〇耐震化対策について
〇県民の理解醸成を図る減災対策について
〇特殊詐欺対策について
〇統一地方選を視野にした主権者教育について

 ご質問がございましたら、渡辺創事務所0985-29-4050までどうぞ。

【渡辺創】

立憲民主党全国研修会

S_8481702843231 S_8481702948556 S_8481703084649 子供たちの長い夏休みもいよいよ終わり。毎朝の交通安全サポート活動もまもなく再開です。空気も少し秋めいてきた気がしなくもないですが・・・やっぱりまだ暑いですね。

 出張の多い8月でしたが、今月最後の出張は新潟県越後湯沢市で開催している「立憲民主党全国研修会」。国会議員研修会と同時に地方組織の全国会議を合同開催しています。以前所属していた民主・民進時代には、国会議員と自治体議員が一緒に研修を受けるという機会は、記憶の限りありませんでした。

 違う政党になったんだな・・・と改めてこの激動の一年を振り返りながら、研修会を過ごしています。
 研修は明日(28日)まで。終わったら、急いで宮崎に戻ります。29日は9月議会開会前1週間の議会運営会。9月議会の準備もそろそろ急がなければいけませんね。
【渡辺創】

「立憲カフェ」やってみました!

IMG_0163-1 IMG_0194-1 IMG_0202-1 暑い日が続きます。先日出張で名古屋に2泊しましたが、両日とも気温は40度超。未体験の暑さでした。汗が噴き出すというよりは、体の中に熱がこもるという感じで、落ち着かない気分になる暑さでした。
 さて、中部地方に比べれば少しは穏やかな暑さの宮崎ですが、やはり酷暑。そんな中8月10日に宮崎で初めての「立憲カフェ」を宮崎市花ヶ島の事務所で開催しました。
 立憲パートナーズの皆様にお声がけをしたところ、平日昼間の開催でしたが、第1回に22人が参加。会費300円を頂いて、お菓子と冷たい飲み物などを楽しみながら約2時間、国政のあり様から身近な宮崎市の課題まで意見交換しました。
 今回は、付箋を使って皆さんの問題意識や考えを共有しながら、会を進めていきました。
 まず最初に確認できたのは、安倍政権に象徴される今の政治が続くことへの危機感。その先は、メディアと政治の関係性を問題視する声あり、憲法をめぐる状況を危惧する声あり、立憲民主党の組織化の課題を指摘する声あり・・となかなか多彩な内容。今回の立憲カフェは、無理に何か結論を出そうとするのではなく、みんなが考えていることを幅広く把握しようと考えたので、いい流れになりました。

 8月中の立憲カフェは全3回の予定です。次は16日、19日と続きます。急遽出張のため16日の進行役は私ではなく、若手の市議と市議候補予定者が務める予定です。こういう会合を地道に継続して新しいスタイルを確立していきたいと思うところです。
【渡辺創】
 

2018年春の「議会便り」

Print 渡辺創_なか4 Print こちらもアップが遅くなってしましましたが、今春発行した後援会報です。

 後援会の入荷頂いている皆様には4月初旬には届いているものですが、日々の仕事に追われ、ブログ・HPでのアップをついうっかりしてしまっていました(反省)。

 昨年秋から続いた所属政党での出来事も含め、新しいスタートにあたっての決意や思いを記しています。

 初の試みでしたが、通常のA3判2ページを思い切って4ページ化。中面2ページを使って、これまで私の事務所で研修してきた歴代インターンシップ生有志との対談を掲載しています。

 また最終面では、県の体育施設整備の余波と言えなくもない「宮崎市のアリーナ整備構想」を分析し、今後の課題を整理しています。

 紙面をご要望の方は、後援会事務所(0985-29-4050)までご連絡ください。

【渡辺創】

立憲民主党機関紙に

S_8096680651921 ちょっと時間が経ってしまいましたが、5月から発行が始まった立憲民主党機関紙「立憲民主」の定期化初号(形としては2号)に私の原稿が掲載されています。

 「地域の立憲民主党」というコーナーで2ページの寄稿ですが、地域組織を立ち上げた経緯、そこに至った思い、そして今後どんな党活動を目指すのかという方針をあまり背伸びをせずに等身大で記したつもりです。

S_8096678344834 機関紙ですので、定期購読いただいている皆様向けのものになりますが、ぜひこの機会にご購読いただけると幸いです。

 「立憲民主」は毎月1回発行で、年間購読料が2,000円。党本部HPでも手続きできますし、立憲民主党宮崎県連合でも受け付けております。県連合はTEL0985-25-0777、FAX0985-25-0788。合わせて立憲パートナーズ(500円)も募集しています。ご賛同いただける方々の登録をよろしくお願い致します。

【渡辺創】

新燃岳が目の前で

S_7957145066774 5月14日、県議会文教警察企業常任委員長として新しい庁舎が完成し運用開始した「えびの警察署」の落成式へ。河野知事や蓬原議長らも参加し、式典は無事終了。えびの署の新しい歩みが始まりました。

 その帰途、道の駅「えびの」に立ち寄り、店内の農産物などを眺めていると、目前の田園の向こうにそびえる霧島連山・新燃岳からぐんぐんと噴煙が上がり始めたのです。ニュースによると、噴煙の高さは4500メートルに達したとのことです。自然の驚異を目の当たりにし、そのスケールにある種の畏怖を抱くと同時に、なかなか収束しない状況に改めて深いため息をつくところでした。降灰による影響は各方面に渡ると思いますので、交通安全も含めて皆さんお気をつけて。

S_7957145846842 霧島連山の火山活動と言えば、もう一つ気になるのが硫黄山の火山活動です。えびの市を流れる長江川や川内川の白濁、酸性化、重金属物質の検出問題はいかにして安全性を確保しながら、農業への影響を最小限に食い止めるかが大きな課題になります。

 今日は農林水産省の副大臣が視察し、知事や議長、えびの市長らが同行したようですが、私も会派の仲間と9日に現地を訪問しました。写真のように川は乳白色に白濁し、かすかに硫黄のような匂いを感じるような気も・・・。河川の両側には、県内でも有数の米どころの水田が広がっていました。

 県執行部の説明によると、川の上流が新燃岳噴火による立入規制区域になるため、なぜ急に川の状況が変わったのか明確な理由はわからないとのことですが、硫黄山の噴火活動とのつながりを疑うのが自然だと思います。今日公表された県の調査によると、検査数値は大きく下がったようですが、きちんと状況を見極め、臨時的対策と恒久的対策の二つを考えていくことが今後のポイントになりそうです。

【渡辺創】